2012.02.25.

次期がん対策推進基本計画について




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000087-san-pol

がん検診の受診率を上げる為に重要なのはやはり企業・職域健診への組み込み。
人間ドック受診の補助や地域交付金でなんとかなるとは思えない。

厚生労働省のがん対策情報は下記の通りで
平成18〜23年度にかけてがん対策推進基本計画が遂行されてきた。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/gan.html

その成果は平成22年度の中間報告で下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/gan_keikaku04.pdf

めっちゃ読みにくい報告書でびっくりしました。
結論的には少しずつ進捗してますが目標達成には程遠い、という印象です。
現時点で20%〜30%の受診率。

で。、がん対策推進協議会の資料(2月1日付)が下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000021l3w.html

勉強になります。
がんになったら30%が依願退職、4%が解雇されるという現状もあるとのこと。
がんにならない、予防できるような生活習慣の開拓ができるといいなと思い
日々研究しております。

------------------
がん検診の受診率 目標「5年内に50%」
産経新聞 2月25日(土)7時55分配信
 政府が6月までの閣議決定を目指す次期がん対策推進基本計画の概要が24日、分かった。低迷するがん検診の受診率について対象を40〜69歳(子宮がんは20〜69歳)に絞った上で「5年以内に50%を達成する」との数値目標を盛り込んだ。小児がんの治療に当たる拠点病院を5年以内に整備することも明記するなど、小児や働く世代のがん対策充実を重点課題として打ち出した。

 日本ではがんで年間約35万人が亡くなり、死因の1位。2人に1人ががんになるとされる。基本計画はがん対策を実効的に進めるためがん医療の在り方などの課題と目標を5年単位でまとめるもので、次期計画は平成24〜28年度が対象だ。

 勤労世代の対策では、検診受診率の向上が柱。全体で20〜30%にとどまる受診率の向上に向け、初めて統計の対象に上限年齢を設定した。対象者を絞って働きかけを強めることで受診率を伸ばすメリットはあるが、受診率が特に低い高齢者を除外することへの批判も出そうだ。

 小児がんへの本格的な対策を打ち出したのも特徴だ。小児がんの年間患者数は2千〜2500人と少ないが、病死原因の1位であることやがん種が多種多様であることを踏まえ、小児がん拠点病院を指定し、専門的な治療や成人まで長期にわたる支援に取り組める体制の構築に乗り出す。

 次期計画は、患者や家族の苦痛を和らげる緩和ケアにも力を入れる。5年以内にがん治療に携わる全ての医療従事者が基本的な緩和ケアの知識、技術を習得する目標を設定。拠点病院を中心に3年以内に緩和ケアチームや緩和ケア外来などの提供体制の充実を図る。

 がん予防では、10年後の喫煙率を12・2%に減らすなどの数値目標を盛り込んだ。受動喫煙の機会のある人についても34年度までに飲食店で15%、家庭で3%、行政機関・医療機関で0%に引き下げる。医療機関に届け出義務がない「がん登録」についても、がんの生存率や治療効果を把握する基礎データとなることから、法整備も含めて登録を促すとした。




blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Science>コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012.02.18.

トマト燃焼成分 13-oxo-ODA





-------------------------------------
トマト:脂肪燃焼効果 京大グループが発見

 京都大の河田照雄教授(食品機能学)らの研究グループは中性脂肪を減らす働きがある成分をトマトから発見した。メタボリック症候群の改善などに役立つという。米国のオンライン科学誌「プロスワン」に10日掲載された。

 トマトは健康野菜として知られ、摂取量の多い人には脂肪肝や高中性脂肪血症などが少ないという調査例もある。

 こうした効果に注目した研究グループはトマトの果汁成分から、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす物質を探し、「13−oxo−ODA」というリノール酸の仲間を発見した。この成分を肥満マウスの餌に0・02〜0・05%混ぜて4週間飼育すると、血糖値が約2割、血中の中性脂肪濃度が約3割減り、脂肪燃焼の指標となる直腸温も0・5度以上、上がっていた。人間に換算すると、トマトジュースを1日3回、200ミリリットルずつ飲むのに相当する摂取量だという。

 河田教授は「有効成分は確認されたが、これだけをサプリのように取るのではなく、トマトなど新鮮な野菜をたくさん食べることが大切」と話している。【榊原雅晴】

-------------------------------------

このニュース、いつものように新成分発見か、フムフム、と見ていたのですが、
どうやら小さな記事で終わることなく、全国でトマト売り切れという現象が起きているそうです。

カゴメとデルモンテの研究者が共著だそうですので、
両社とも投資効率としては上々だったのではないでしょうか。

とはいえ、「そんなすごいことか?」と原著をあたってみました。

Potent PPARα Activator Derived from Tomato Juice, 13-oxo-9,11-Octadecadienoic Acid, Decreases Plasma and Hepatic Triglyceride in Obese Diabetic Mice

PLoS one のイカした特徴は
論文の一つ一つのアクセス数が見れるところなのですが
他の論文が 200-300のアクセス数なのに対して

この論文、9302回のアクセスがありました。

この報道状況からするとそのほとんどが日本人だと思います。すごいなぁ。


論文から要点を抜粋すると

トマトに含まれる 13-oxo-9,11-octadecadenoic acid (13-oxo-ODA) が

PPARα agonistとしての作用を示すかどうか、脂質異常症・脂肪肝を改善するかを
試したところ

血中トリグリセリド低
血糖値低下
耐糖能増加

の作用を示したそうです。
餌は0.02%, 0.05% 13-oxo-ODA混餌条件。
よく論文を見てみるとインスリンも低下しているし、アディポネクチンも増加。
マウスで糖負荷試験もやっています。

n=6-8 と例数が少ないのが難点かもしれませんが
結果としては面白いですね。

さて、
マウスって一日に3-5gくらいの固形餌を食べます。
なので、実際効果を得られた摂食 13-oxo-ODAって最大約2.5mg。

マウスの体重は約20-30gであることを考えると、
ヒトは60kgですので60000g/20g x 2.5mg = 7.5 g。

トマトは大型のもので200gくらいなのですが、1個にそんなに含まれているのかな?
報道ではトマト2〜3個だそうですが、そうだとしてもトマト1個に1%程度含まれている計算。
他の成分や特に水分が多いトマトを食べると効果が得られる、
というのはちょっと…という印象です。

この成分、特許検索をチラッとしてみましたが、まだ取られてないみたいですね。
ということはこの論文が出てしまったことで物質特許はもう取れない、ということなのでしょうか。
そうだと仮定すると、日本の研究が残念なところだなーと思ってしまいます。。

ちなみに偶然見つけてしまいましたが
別の論文で既にPPARγagonistであるという報告もありました。αじゃなくてγでしたが。

13-Oxo-ODE is an endogenous ligand for PPARγ in human colonic epithelial cells




blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Science>コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。