2009.06.12.

日経平均1万円回復




J-REIT支援策もあり、不動産市況も改善中。

東京株反発 1万円台で始まる投資家心理改善、上げ幅一時100円超
6月12日9時31分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000514-san-bus_all

自分が買っている銘柄で以前紹介したもの↓

4314 ダヴィンチホールディングス

4321

4321 ケネディクス

4321

8924 リサ・パートナーズ

4321

あほみたいに値上がりしてますが、これでも暴落時の半分以下。
まだまだ上昇予知はあると考えます。が、六月末を見据えて
そろそろ利確しておこうか迷い中。BNPパリバの件もあるし。

タグ:不動産




blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 12:51 | Comment(0) | ビジネス>相場一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009.04.25.

世界経済:かなり大胆な回復宣言。




時期尚早じゃないの?と思わなくもない声明ですが、この声明をG7がした意味は大きいのではないでしょうか。来週からの市場への資金の殺到が期待されます。

結構おいしくREIT銘柄が実ってきました。
予想してたから買ったんですが、やはりびっくりです。

「世界経済は年内に回復開始」G7が共同声明
4月25日12時20分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090425-00000378-yom-bus_all

 【ワシントン=山田滋】先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は24日夕(日本時間25日朝)、「世界経済は今年中に回復を始める」との見通しを示した共同声明を採択して閉幕した。

 金融システム安定化や景気刺激のための財政出動など、「必要なあらゆる行動をとる」ことも再確認した。ただ、「(景気の)下振れリスクは継続している」とも明記し、世界経済が本格的な回復軌道に乗るかは予断を許さないとの認識で一致した。

 声明では、景気認識について、「景気後退速度の鈍化やいくらかの安定化の兆候が出てきている」とし、世界的な金融危機に見舞われた昨年秋以降初めて、世界経済が年内に底入れするとの見通しを示した。今月初めにロンドンで行われた20か国・地域(G20)の首脳による金融サミットでは、各国が総額5兆ドル(約500兆円)の景気刺激策を行うことで、2010年末までに「世界経済の2%成長」を実現するとの目標を掲げており、今回の共同声明では、各国が「必要な規模の財政出動」を継続することを再確認した。

 会議後、記者会見した与謝野財務・金融・経済財政相は、「最悪のところから脱したのかもしれないということを間接的に表現した」と説明した。ただ、「疑問符付きの表現」とも述べた。

 世界経済の不安要因となっている金融システムの安定化に向けては、「システム上重要な機関の健全性の確保」のため、公的資金の注入や不良資産の処理を積極的に進める必要性を改めて強調した。

 金融サミットで合意した金融機関や金融市場に対する監督・規制の強化を急ぐことを確認。「引き続き貿易に対する新たな障壁を設けず、輸出制限も課さない」との文言を盛り込み、保護貿易の台頭に反対する姿勢も示した。

 G7後には、日米欧先進国に中国やインドなど新興国を加えたG20の財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。

最終更新:4月25日12時20分



blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 16:55 | Comment(0) | ビジネス>相場一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。