2009.06.18.

大手不動産らによるリート買収戦略。




市場は正直だな、というのを今日実感しました。
下記素人ながら予想。

・ダヴィンチHDの資金繰りが危うい、というのは定説。
・ダヴィンチ・セレクトの買収額34億円程度では
 この資金繰りをひっくり返すのは無理。
・DAオフィス投資法人の資金繰りは改善され、信用力もついた。
 よってダヴィンチHDが破綻しても問題なくなった。
・ダヴィンチの100%子会社のコロンブスがDAオフィス投資法人の証券を
 60%ほど持っている。
・それを換金してある程度の借入金返済に充てると考えられるため
 今時流に乗ってDAオフィス投資法人を買うのは得策ではない(欲しいけど)

もししばらく待ってダヴィンチが生き残る気配が濃くなってきたようなら再度参戦いたします。大体14000-15000あたりを目処に考えています。
ただ、クリードもモリモトもこんな感じで破綻したなぁ、という覚えがあります。

なお、もし本日NYダウが急落などしようものなら
ダウントレンドが再度訪れる感触があります。


インタビュー:市場回復は2010年度を予想、リート買収に関心=三菱地所
6月17日22時22分配信 ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000033-reu-bus_all

 [東京 17日 ロイター] 三菱地所<8802.T>の木村恵司社長は17日、低迷する住宅市場について、本格的な回復は2010年度との見通しを示した。
 また、不動産投資信託(リート)の市場不振を背景に、リート運用会社の主要株主の交代などが増えていることについては、三菱地所としても今後、リート買収の可能性があるとの考えを示し、現在、手がけていない商業物件や住宅(レジデンシャル)物件を投資対象とするリートへの関心を示した。
 ロイターとのインタビューで述べた。
 木村社長は、マンションの売れ行きについて、一部物件の価格が低下したことや住宅ローン減税の効果などがあいまって、初めてマンションを購入する顧客層は戻ってきているが、高額物件の売れ行きに関しては「契約にいたるまでに時間がかかっている」とし、依然鈍い点を指摘した。
 在庫は「首都圏に約8000戸あり、まだ多い」としたうえで、今後、在庫が、ある程度減るなど買いやすくなるまでには時間を要し「本格的な回復は2010年度だろう」と述べた。
 不動産市況が低迷するなか、三菱地所の主力の一角である住宅事業ではマンション販売が減少し、2009年3月期決算では棚卸資産の評価損が全体の収益を圧迫した。2010年3月期のマンションの粗利益率は09年3月期の21.7%から11.1%への低下を想定している。
 一方、もう1つの中核事業であるオフィス事業に関連し、市況全般について木村社長は「これから先、空室率がどんどん上がるとは思わないが09年度は賃料の低下は続くだろう」と述べた。三菱地所は2010年3月期の空室率は3.2%と、前期の2.86%から悪化するとの見通しを示している。
 <リート、買収の可能性>
 こうした不動産市況や経済の低迷を背景に、銀行の貸出し縮小や投資家離れが続き、日本のリート市場では、親会社の経営破たんやリート運用会社の主要株主の交代が増えている。
 17日には大和証券グループ本社<8601.T>が、ダヴィンチホールディングス<4314.OJ>から不動産投資信託(REIT)大手のDAオフィス投資法人<8976.T>の運用会社、ダヴィンチ・セレクト(東京都中央区)の全株式を取得するとともに、DAオフィス投資法人が実施する100億円の第三者割当増資を引き受けると発表した。
 木村社長は、こうした流れについて「われわれとしても、いいリートがあれば買収はあり得ると思う」と述べた。そのうえで、三菱地所は「オフィスリートは持っているが商業リート、物流、レジデンシャルなどは持っていない。地所とどうリンクして行けるかがテーマで、そういう意味で商業やレジデンシャルはもう1つ持っていてもいいだろう」と述べた。
 三菱地所は、オフィスビルに特化したリート事業は手がけており、ジャパンリアルエステイト投資法人<8952.T>の運用会社の筆頭株主。
 ただ、投資対象となっている物件の中身や運用会社の人材、コンプライアンスの問題などの諸条件が納得できなければ買収には踏み切れず、考えが共有できなければ自前で行うやり方もあると述べた。
 <不動産投資マネジメント、グローバルな基盤づくりへ>
 一方、三菱地所は2010年度を最終年とする中期経営計画で、不動産投資マネジメント事業の強化をあげている。08年2月の同計画発表時には、国際的な事業基盤を構築するため海外で不動産投資マネジメント会社の合併・買収(M&A)も検討するとしていたが、具体的な公表には至っていない。
 木村社長は「引き続き探している」とし、中計の方針は継続していることを示した。また、米国でファンドを組成する準備も進めているという。投資を始める時期や規模は未定としたものの、木村社長は「できるだけ早く(ファンドを)作りたい」と述べ、投資チャンスを早期に捉える考えを示した。当初の投資対象としては、ニューヨークのオフィスビルなどを想定しているという。
(ロイターニュース 江本 恵美、勝村 麻利子)


4314 ダヴィンチホールディングス

4321

8976 DAオフィス投資法人

8976

8601 大和証券G

8601

DJI ダウ

DJI



blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 16:09 | Comment(0) | ビジネス>株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。