2008.08.29.

人間不信




軽度ではありますが。

もともと初対面のヒトと話するのは結構好きなんです。
新しい世界を知れるから。その人onlyの個性と純粋に対面できるから。

でも最近、会う人、接触してくる人の何割かは
下記のような顔を持っています。
マイミクにもそれなりにいるんじゃないかと思います。

Amway, Newskin, Neways, X-i (Xing world), Skyquestcom, etc...

いわゆるネットワークビジネス・MLMです。
自分はこれらのビジネスに対しては中立を貫いていました。
それだけでその人を違う目で見るのはおかしいと思ったから。
が、少しずつ嫌悪感を抱いてくるようになってしまいました。

最近これらのビジネスが没個性というか、人格の
画一化を促しているような気がしてなりません。

Amway
...創立者に惹かれて。夢を持って。

Newskin, Neways
...キャッシュフローの重要性。

X-i
...仮想空間の可能性を。

Skyquestcom
...成功体験を。

もちろん人によっては違うアプローチをされているでしょう。
そういったグループが身の回りに多い、ということだけなのかもしれません。

でも。結局。

「〜だから成功できる」、とかさ。「いい仲間がいっぱいいる」、とかさ。

死んだ魚のような目で言われても。
ぜんぜん響かないんですよ。
「あなた」のオリジナリティがないから。

やってるのはほんとMarketingで、いかに多くのnを引き込めるか。
例え商品が何だろうと。

私に勧めてくる人たちに、矛盾点を論理的に詰めることで
少しは考えさせることはできていると思います。
でもそれは彼ら・彼女らには響かない。

「あなたを受け入れないかもしれない誰か」と話すよりも、
「あなたを受け入れてくれる誰か」を選び、話すことを選ぶ人たち。

なんか、悲しさを感じます。

自分に勧めないでください。論理的に噛みあいません。

論理的にかみ合わすことができ、自分を納得させる自信が
あるひとだけ勧めに来てください。自分が納得したら投資します。


昨日X-iの不透明性・不採算性を指摘したにもかかわらず
しつこく誘ってくるヒトにメールもらいました。

「あなたがやらなくても他にやるひといっぱいいるから」

それが本音か。俺は one of them か。


結局、自分は新たに出会う「あなた」そのものと話したいのであって。

「何かを勧めてくるあなた」と話したいわけではない。

他の身近な誰かに「何かを勧めようとするあなた」を見たいわけでもない。

自分の血の通ってないものを勧めるより、自分自身を勧められるようにしたほうがいいんじゃない?

と思っています。んで自分自身もそうなれるように。




blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ


posted by のぶ at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。